Message

HOME 代表メッセージ

社員とともに伴走。
次世代に続く人財を
大切にしたい。

代表取締役社長

田中 陽子YOKO TANAKA

2017年にグループの経営管理を行う大一株式会社の代表取締役社長に就任。これまでのトップダウン型からボトムアップ型の経営スタイルへシフトする中、グループ内で分け隔てない関係性を築き、社員とともに創り上げる経営を目指す。趣味はゴルフ、旅行。フラワーアレンジ講師も務める。

グループ間の交流の場を企画。
業務では得られない関係性も大事にしたい。

大一グループは、異なる役割を担う3社で構成されています。グループ会社と言っても普段の仕事では関わりが少ないので、交流できる機会をつくりたい、社員の皆さんにも喜んでもらえるようなイベントを実施したいと思い、総務を中心に楽しい行事を企画しています。昨今は社内行事に積極的ではない方も多いかと思いますが、有難いことにグループ全体の半分以上の社員の皆さんが行事に参加してくださり、大変嬉しく思います。普段は真面目で実直な方が多い印象ですが、行事では皆さんいつもとは違った明るさもあって、メリハリのある素敵な方が揃っている会社だと私は思っています。

人を育てる文化が定着し、
働きやすい環境が自然と整う。

社員の皆さんの人柄はグループの魅力であり、財産ですね。入社して数年経った若手の社員が、今度は新しく入った社員に教える。面倒見がとても良いんです。直属の上司や担当者が仕事を丁寧に教えたり、交流したり、若い子を育てることが大切だという意識を持っている方が多いように思います。仲間意識も自然と付いてきているのではないでしょうか。相談しやすい、働きやすい社内体制が安定的に構築されているのは当社の大きな魅力だと思います。

トップダウン型からボトムアップ型の経営へ。
次世代を担う人財と伴走する未来を描く。

当社のビジョンとして、今ある冷蔵設備の老朽化への対応や、配送業の拡大があります。冷蔵設備については、建替えるのか、今とは違う形にするのか、選択肢はいくつかありますが、次の世代に続く新しい形を模索していきたいと考えています。事業としては、現在も総合物流サービスとして広島で一定のシェアをいただいていますが、そのシェアに恥じない、「水産」「冷蔵倉庫」「配送」の一貫したサービスをより確立させることを目指しています。

このビジョンを描いていく中で、今の真面目で実直なメンバーとはまた違った観点や意見を持った方が入社していただけると嬉しいですね。自分の意見を言える、というのは、コミュニケーション能力や向上心、積極性などが求められます。また同時に、日頃から問題意識をしっかり持ち、対応を考える思考力も求められる。日々与えられた仕事をするだけではなく、視野を広く持ち、こうしたらもっと良くなるのではないか、という提案を自発的に考えられる人に参画いただきたいと思っています。

会社としても、そういった方に入社いただくために変わる必要があると考え、私の代から経営の体制を大きく変えました。先代までのトップダウン型の経営では、社員は与えられた業務をしっかりこなすことが求められましたが、私自身、経営に携わるようになってから、社員の皆さんと伴走しながら学んでいくことばかりで。社員の皆さんから広く意見を吸い上げて、一緒に作り上げていくようなスタイルを実現したいと考えています。

自分の目を信じて、
後悔のない選択を。

これから社会人になる皆さまには、ぜひ、いろいろな会社を見て、自分が何をしたいのか、どういうことを求めているのかをしっかり見極めて、挑戦してみて欲しいと思います。今はインターネットで調べるというのが当たり前の時代ですが、「百聞は一見に如かず」。インターネットで調べた情報と実際に見た印象が異なることはよくあります。調べることも自分の中の情報量を増やすという意味では大切ですが、実際に自分の目で見ることもそれ以上に大切にして欲しい。インターネットが日常となった社会を生きる皆さんだからこそ、自分の目で見て、感じて、その時その時を見極めて、後悔のない選択をして欲しいと思います。