Enriches food
forever

食卓の「当たり前」を支え続ける。

豊かさを、当たり前に。

秋刀魚の塩焼き

ある日食卓に並んだ秋刀魚の塩焼き。
この魚はどこで獲れて、だれが運んできたんだろう。

遠い海で獲れた魚が、今日も食卓に並ぶ「当たり前」。
当たり前だけど、誰かが当たり前にしてくれている。
私たちの仕事は、この当たり前を守り続けること。

世界中の海から日本中の食卓へ、新鮮な幸を届ける。

誰にでもできることじゃない仕事も、
誰かと一緒ならできるようになる。
チームで取り組めば、永く続けられる。

「食」に関わるという誇りを胸に、
私たちは今日も、遠い遠い海の幸を
日本のどこかの食卓へ届けている。

「食」の場面に、いつもDAIICHI。

ただ作る、
ただ運ぶじゃない、
生産者と消費者を繋ぎ、
豊かにする、
食品流通の礎に。

日々の食卓を支える、
大一グループの「仕事

日本の食を商流と物流の二極で支える大一グループの仕事とは。
グループ3社がそれぞれ担う役割と、相互関係についてご紹介します。

世界中の海と日本の食卓を繋ぐ、大一グループの「

広島、福岡、松山のグループの各拠点で、食卓の「当たり前」を支える社員たち。
普段の仕事内容、やりがい、職場環境など、一人ひとりの想いを聞いてみました。