大一の「人」
Person

HOME 大一の「人」 倉庫マネジメント職:上田 拓樹

仕事はすべて自分次第。
効率追求に
面白さを見出す。

PLOFILE

上田 拓樹HIROKI UEDA

協和冷蔵株式会社 倉庫マネジメント職
2018年入社(新卒)

  1. Q1仕事内容とやりがいを教えてください。

    取引先から出荷指示された品物を、リフトに乗り、倉庫から選び出すピッキング作業をしています。最初はリフトの操作も難しいですし、冷蔵庫の中にいる時間も長いため、慣れるまでは正直しんどいときもありました。先輩の仕事を見て学び、どうしたら効率よく仕事が回せるかを考えながら実践するの繰り返しでした。その内、次第に操作技術やスピードも自然と身についてきて、仕事に面白さを見出せるようになりました。仕事のやりがいでいうと、任された仕事をどう捌いていくかは自分次第なのですが、「この仕事は○○分で終わらせよう」といった自分の中で目標を決めて、その時間内にできたときや早く終わった時は達成感もありますし、一番やりがいや面白さを感じます。

    Q2これからの目標や挑戦してみたいことはありますか?

    人手不足であることもあり、さらに育成に力を入れていきたいです。現在同じ職場で働いているメンバーは20名程度ですが、若い人がやはり少ないので若い人に来てほしい思いが強いです。その中でも、単に作業として仕事をするのではなく、他の人が働いている様子を見てそこから学ぶ力がある人と一緒に働けると嬉しいです。例えば、やるべきことに自分で気づく力、それをもとに素早く動く力、なんでもとにかくやってみる力を身に付けて欲しいです。他にも、どのように自分が作業をすれば効率が良く、スピーディーで、他の人の助けになれるかなど、全体の様子を見ながら自分の頭で考えて実行することが大切だと思います。私自身も、そういう人材を育成していきたいと考えています。

  2. Q3会社の魅力を教えてください。

    この会社を選んで良かったと思うことは、一緒に働いている皆さんの人柄が良いところです。私にとって長く勤めるために、職場環境も良く働きやすいことが大切なのですが、優しい皆さんや福利厚生も充実しているおかげで、理想的な職場で働けていると感じます。

  3. Q4就活生へのメッセージをお願いします

    学生視点だと、仕事してる人というのはなんだかすごい人のように見えて、就職について重く考えてしまいがちだと思うのですが、最初の頃は不安でも、やってみると案外うまくいくと思います。基本的に私は「人間だからミスをすることもあるか」というスタンスでいるので、落ち込むこともほとんどないです。それは後輩に対しても同じで、「俺はもっと大変なミスをしたこともあるし、それくらいなら全然大丈夫」と伝えることもあります。そのくらい、不安なこともどうにかなる!という気持ちで、色々なことにチャレンジしてみて欲しいです。

大一の「人」をもっと知る

大一の「人」のトップへ